神奈川でのケアマネの求人はどうして少なくなっているのか

神奈川でのケアマネの求人はどうして少なくなっているのか

老人と介護士

ケアマネの略称と業務内容

ケアマネとは、「ケアマネージャー」の略称です。主に、介護を必要とする人に保険サービスを受けてもらえるようにしたり、ケアプランと呼ばれるサービス計画書の作成をするのが業務です。

ウーマン

ケアマネはどうして求人が少ないのか

ケアマネの仕事は、介護を必要とする人のサポートが主になってきます。そのため、神奈川などでは介護施設などが、活躍できる場となっていますが、法律の改正により、介護を受けられる人の基準が大幅に変わってしまいました。そのため、介護を受けられる人が制限されてしまい、ケアマネも活動の場が減少してしまっているのが、求人が少ない大きな理由です。そのような状況の中でも、ケアマネとして仕事をしていくためにできることは何か、考えてみましょう。

ケアマネとして選ばれるポイントランキング

履歴書
no.1

自分の得意分野を表に出していく

ケアマネの資格は試験と実務に分かれています。試験は、介護分野やサービスにおける知識を試されます。しかし、実務経験になると、「保険や福祉、医療の分野で5年以上の経験を持つ」というのが条件になってきます。そのため、介護以外での実務経験者がいることも事実です。自分の得意な分野を表に出すことで、自分の力を必要としてくれる人に選んでもらうことができます。

no.2

利用者と事業所とのパイプ役になる

ケアマネの仕事の1つに、利用者のケアプラン作成があります。この時にケアマネは、利用者と事業所の両方の意見に耳を傾ける必要があります。もしここで、利用者に適切でないにも関わらず、事業所のサービスを取り入れるのは、ケアマネが事業所寄りになっていると思われてしまいます。そのため、利用者に適切かそうでないかをきちんと見極めてプランを立てる能力が、選ばれるポイントになります。

no.3

ヒアリング能力や柔軟性を持とう

介護を必要とする人に、快適な介護サービスを受けてもらうのがケアマネの仕事です。そのため、利用者やその家族の話にきちんと耳を傾ける必要があります。利用者がどのようなサービスを希望するかをきちんとヒアリングし、その希望に沿うために、どのような計画書を作成するかのアイディアを浮かべる柔軟性を持つことが、ケアマネとして選ばれる基準にもなります。